防御のための逆SEO

逆SEO対策の効果と他の対策

逆SEO対策は今のところ一番効果的なインターネットでの誹謗中傷、プライバシーの問題の対策になっていると思いますが、その他の直接的な対策の効果はないのだろうかということでは、現実的には難しいということになります。誰かが見るということでは、それを見ないようにさせると良いということになりますが、そのために直接その悪意あるサイトに攻撃を仕掛けると返って泥仕合になったり、相手も反発したりということで、逆に注目されてしまい、その記事が広がってしまうということになります。そうなると被害者の傷はますます広まるという厄介な状態になります。それでインターネットの、それらの事情に詳しい専門家ということで、逆SEO対策の専門家に依頼するということになります。見られなければないと同じということで、その対策を立てるということになります。

逆SEO対策と検索の順位

逆SEO対策では、検索サイトの検索の順位を下げるということになりますが、ただサイトを作れば良いということではなくて優良なサイトをたくさん作り標的のサイトの順位を下げるということで、それも短期間ではなくて長期間下げるということが成果ということになります。検索サイトに直接苦情を言って削除してもらうのが一番早いのですが、それができない場合もあります。そうなると次善の策として逆SEO対策ということで専門家に依頼して、悪意ある第三者のサイトのアクセス数を減らしていくという方法を取るということになります。今のインターネット世界では、そのようなビジネスも生まれてきているということですが、それらの手法はとても面白いとも思います。普通はサイトの順位を上げるのに必死になりますが、その逆ということで、これもインターネット社会の落とし子ということになります。

逆SEO対策と検索の最初のページ

逆SEO対策では、誹謗中傷などの悪意あるサイトを検索の最初のページに表示させないということが重要にいなりますが、それができるのは、専門家の逆SEO対策の企業のノウハウということになります。特に会社などのホームページを最初の検索結果に大量に表示させると悪意あるサイトの順位を下げることができます。今のインターネットの世界では、見てもらうということでは、そのようなテクニックが全てということになります。SEO対策ということでも、リンクを貼るということがすべての中心で、アクセス対策でもそれが全てになっている感じで、その中には自作自演もあり、他の人達が好意的にリンクを貼ってくれるという方法があります。それを逆手に取って逆SEO対策をしているということですから、これは専門家でないと難しいということですが、最近はそのような検索結果をよく見ますので、そのように利用されているということですが、効果的ということになります。