防御のための逆SEO

逆SEO対策によってブランドイメージを守ろう

インターネットの検索エンジンでは、上位表示させることで大きな集客を見込めます。しかし、自社についてネガティブな表現をしているサイトが上位表示されてしまうと、ブランドイメージを損なってしまう恐れがあるのです。逆SEO対策によって、これまで築き上げてきたブランドイメージを守ってみましょう。これは従来のSEO対策とは真逆であり、好ましくないサイトを上位表示から外すことを目的としています。具体的には、プラス表現をしているサイトで上位表示を独占して、合法的にブランドイメージを保護する仕組みです。この逆SEO対策を実施する会社は増えており、個人で実名が出てしまっているケースでも依頼できます。就職活動などで実名を検索される可能性があるので、自分に不利なサイトが上位表示された場合も相談してみましょう。なお、明らかに悪意があるサイトについては、法律の専門家に相談することも効果的です。

逆SEO対策の理解と使い方

逆SEO対策というとSEO対策の逆を考えますが、その通りでどうしても見てもらいたくないサイトなどのアクセスを少なくするということが対策になります。何故そうなるかということ、自分に不利なサイトというのがあり、誹謗中傷などや批判などは、多くの人達がインターネットで閲覧すると自分の立場が悪化してしまうという場合があります。何のいわれもないでっち上げの記事でも相手に注意して取り下げてくれるということはとても難しくなります。それがインターネット社会というものですが、そうなるとその人は永遠にその自分に関係のない中傷を受け続けなくてはならないということになります。昔は新聞などしかなく、それをまたその後に閲覧する人はほとんどいなくなり忘れ去られて終わります。しかし今は半永久的に閲覧でき、検索次第で見ることができます。それが問題なので逆SEO対策が必要になります。

逆SEO対策の必要性と専門家

インターネットでは、現実世界と違い見えない世界なので、まずアクセスしてもらわないと話になりません。また誰かがチェックしてくれているということではないので何でも書くことができます。掲示板もあれば口コミもあります。そうなると責任もなく書くことができるということは間違っても関係なく、謝罪も記事の取り下げもしないという人もいるということになります。誰からも批判を受けないのですから、モラルは関係なくほっておくということもあります。世の中には悪意ある第三者もたくさんいることを思えば、顔の見えない仮想世界は、やりたい放題になってしまうということになります。そうなるとそのサイトなりへの対策が必要になりますが、そのような対策を逆SEO対策とうことで、その専門家に依頼するということになります。今はこれが一番効果的ということのようです。