防御のための逆SEO

逆SEO対策は被害の拡散を防いでくれる有効な存在

ウェブ検索の結果で自社のホームページをより高い位置にキープする為に、企業などで活用されている手法がSEOであります。そしてそれを別の観点である誹謗中傷対策というアプローチから、独自に発展させたのが逆SEO対策です。インターネット上の誹謗中傷は放置しておきますと、尾ひれなどが付いて更に各方面に浸透してしまうケースがあります。会社などがその的になってしまった場合には、巻き添えを心配した取引き先が、契約を取り下げる自体に発展するケースも考えられます。その為しかるべき対策を講じる必要があります。自社がその的になってしまわれた時には、逆SEO対策の専門業者に事態の打開を依頼することが何よりも必要な行動です。その専門業者は依頼を受けますと早速調査に乗り出して、その誹謗中傷を行うサイトを検索結果の後方に落としてくれますので、被害の拡散を防いでくれます。

ネット中傷対策~逆SEO対策~

逆SEO対策とは、文字の通りSEO対策の反対の意味を持っています。SEO対策は検索エンジン最適化の事です。簡単に説明するとサイトを検索した時により順位が上にくるように対策する事です。逆SEO対策は検索された際の順位を下げる事を意味しています。ではなぜ検索された際の順位を下げなければならないのでしょうか?それは誹謗中傷のサイトが検索エンジンの上位にランクされてしまっている場合があるからです。自分または自社を検索して誹謗中傷のサイトが上位に来てしまったら、気持ちよくはないですよね。そのために、順位を下げなければならないのです。順位を下げるといっても、そのサイトの管理者でなければサイトの編集はできません。ではどのように行えばいいのでしょうか?内容の充実しているサイトを多数作ることが対策の1つです。誹謗中傷のサイトの上位にくるサイトが多数あれば、誹謗中傷のサイトも自動的に順位が下がります。衛星サイトやブログを作りそれを毎日更新すれば、誹謗中傷のサイトよりも上位にくる可能性があります。逆SEO対策を専門で行っている会社に委託するのもいい手だと思います。

逆SEO対策の必要性について

一般的にはウェブサイトを開設してアクセス数を延ばしたいと思うものです。出来るだけ多くの人に見て欲しい、と思うものなのですが、必ずしも多くの人にアクセスをして欲しいと思う人ばかりではないのです。不正アクセスであったり、不快な人、来て欲しくはない人が来ないようにするために、逆SEO対策を行っておくと良いです。キーワード検索で辿り着くことがあると思いますが、そのキーワードで検索をしてもヒットしないようにすることが出来るようになるのです。そのウェブサイトに自作の作品や文章があった場合、盗難されてしまう可能性があります。そうなると著作権にも関わってくるのです。盗まれたくはないけど多くの人に見て欲しいと思った場合には、逆SEO対策をすることによって、来て欲しくはない人に見つからないようにすることは可能となってくるのです。

逆SEO対策で誹謗中傷サイトを撃退!WEBリスク対策業界実績No.1を誇る逆SEO対策サービスです。掲示板に悪評を書き込まれた、ブログで嫌がらせを受けたなどございましたら、まずはご相談ください。豊富な技術とノウハウでWebのリスク対策を行っていきます。ブランドイメージは何よりも大事だからこそ、実績年間29400件以上の信頼、シエンプレへ。ネガティブサイトを見せないようにしたい、逆SEO対策が必要なお客様へ。